糖尿病 足 予防
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

    独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院
    〒981-8501
    宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1
    電話 022-275-3111

    JCHO仙台病院は、病床数418床の中規模の病院ですが、仙台市北部の基幹病院として地域の人々に満足してもらえる
    「良質で安全なそして思いやりのある」最新の医療を提供できるよう努めてきました。
    当院は2014年4月に仙台社会保険病院から、独立行政法人 地域医療機能推進機構の一員としてJCHO仙台病院と院名を改めました。
    日本の人口透析開始時期から、腎臓疾患の専門病院として、”慢性腎不全にいたらぬよう初期治療(糸球体腎炎の根治治療)を行うと共に、
    血液透析、腎移植までの一貫した医療”を行っています。
    当院では、以前より血管外科の治療の一環として、足壊疽の治療を行っていましたがなかなか治癒に至らず、
    1人でも多くの足を救いたいという強い思いから、創傷ケアセンターを2007年9月に開設いたしました。
    創傷とは傷のことですが、数ヶ月以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
    慢性創傷には、床ずれによるもの、糖尿病による潰瘍、血流障害による潰瘍などがあり、
    これまではどれもが治療が難しいとされ、「仕方がない…」とあきらめる方も多くいらっしゃいました。
    でも、専門医を中心とした医療チームによって適切な処置を施せば、決して治療不可能ではなくなったのです。
    当病院の『創傷ケアセンター』が、最新の医療技術とチームワークで治療に当らせていただきます。
    足の治療の先進国アメリカの「ミレニア・ウンド・マネジメント社」との提携により最新の医療を実現しました。
    アメリカの医療コンサルティング会社であるミレニア・ウンド・マネジメント社は創傷治療の専門的なプログラムを確立しており、
    アメリカで大きな実績をあげています。当センターの医師や看護師はミレニア社の専門的なトレーニングを受け、
    その確立されたプログラムに基づいて治療を行います。

    クイズ・創傷アセスメントと記録
    創傷のアセスメントをする時、何を記録すべきかはっきり理解されていますか? クイズで復習してみましょう。
    問1. 褥瘡において、皮膚の発赤・熱感・浮腫はあるが、皮膚に損傷のないステージは次のうちどれか。
    A. ステージ1
    B. ステージ2
    C. ステージ3
    D. ステージ4
    問2. ステージの分類方法で記録するべき創傷は次のうちどれか。
    A. 糖尿病性足潰瘍
    B. 熱傷
    C. 静脈性潰瘍
    D. 褥瘡
    問3. 急性創傷に見られる特徴は次のうちどれか。
    A. 新しくできた傷で、改善している
    B. 治癒が早い
    C. 創傷が小さく浅くなる
    D. 上記の全て
    問4. 全層創傷に見られる特徴は次のうちどれか。
    A. 表皮にとどまっている
    B. 真皮が部分的に残っており、新しい表皮を生成している
    C. 表皮を完全に貫通し、その下の層に影響が及んでいる
    D. 痛みがある
    問5. 赤い創傷底は___である。
    A. 死んだ組織
    B. 感染
    C. 血流が良い健康な創傷底
    D. 虚血や浸軟

     

    足部に深い膿瘍腔のある糖尿病患者における
    早期外科的デブリードメントと血流改善
    Ezio Faglia, MD, 1 Giacomo Clerici, MD, 2 Maurizio Caminiti, MD, 3 Antonella Quarantiello, MD, 4 Michela Gino, MD, 5 and Alberto Morabito, PhD 6 (The Journal of Foot & Ankle Surgery 45 (4): 220-226, 2006
    比較方法
    早期デブリードメント治療の定義
    - 治療プロトコル
    血管系疾患のアセスメント
    当センターへの入院・初回検査時に深い膿瘍腔が疑われた場合は、小さな切開を入れてゾンデ挿入した。
    そこで膿が出現した場合、患者はオペ室での緊急外科的デブリードメントの対象となった。
    これは入院後平均6~8時間後に実施された。

    43名の患者は外来受診後入院となり、直ちに外科的デブリードメントを実施。
    63名の患者は他院でデブリードメントを受けずに平均6.2~7.5日間の入院の後、当センターへ転院。
    グループA
    グループB

    スポーツとオーソティクスの効用
    今回は、運動時に足にかかる負担についてお話します。
    最も手ごろなスポーツとしてランニングが挙げられます。適度に運動ができ、高い技術や費用を要求されることもなく、自然を楽しむこともできるからです。しかし、そういった単純な運動でも、足にかかる負担は相当なものです。実際、ランニングを始めると足に痛みを覚える方は多いかと思います。学生の方はバスケやテニス、バレーボール、サッカー、野球など、さまざまなスポーツにかかわっているかと思います。これらのスポーツはどれも、膝や足にケガをしやすいイメージがあるのではないでしょうか。
    全速力で走ったり、急停止、切り返しなど膝に大きな力が加わる競技や予期しない外力が加わるような競技では足の怪我はつきものです。ダンスやスキーなどの膝を捻りやすいスポーツは、いろいろな筋肉や靭帯を損傷する可能性が高いといえます。ケガが多い理由のひとつとして、選手の骨格の土台がしっかりしていない可能性があります。
    たとえば、日本家屋をたてるときには穴を掘り、土台の隅石をまずしっかりと据えます。このとき、柱を隅石の形にそって削り、石が平らでなくてもしっかりと両面を合わせます。土台さえしっかりすれば、その上に数トンぶんの木材をたてても安定するからです。そしてこれは、人体でもおなじことが言えます。もし、隅石がゆがんでいたら、その上に立つ大黒柱もゆがんでしまいます。これは、人体でいう中心線がゆがむようなものに似ています。つりあいをとるために他の骨がゆがみだすので、これはスポーツなど結果が重要視される分野では多大な影響があります。しかし、隅石(足)の構造は変えられません。そのかわりに、隅石がおかれる地面(靴内面)を矯正すればよいのです。そのオプションのひとつとしてオーソティクスがあります。


    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る