糖尿病 足 予防
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

    独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院
    〒981-8501
    宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1
    電話 022-275-3111

    JCHO仙台病院は、病床数418床の中規模の病院ですが、仙台市北部の基幹病院として地域の人々に満足してもらえる
    「良質で安全なそして思いやりのある」最新の医療を提供できるよう努めてきました。
    当院は2014年4月に仙台社会保険病院から、独立行政法人 地域医療機能推進機構の一員としてJCHO仙台病院と院名を改めました。
    日本の人口透析開始時期から、腎臓疾患の専門病院として、”慢性腎不全にいたらぬよう初期治療(糸球体腎炎の根治治療)を行うと共に、
    血液透析、腎移植までの一貫した医療”を行っています。
    当院では、以前より血管外科の治療の一環として、足壊疽の治療を行っていましたがなかなか治癒に至らず、
    1人でも多くの足を救いたいという強い思いから、創傷ケアセンターを2007年9月に開設いたしました。
    創傷とは傷のことですが、数ヶ月以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
    慢性創傷には、床ずれによるもの、糖尿病による潰瘍、血流障害による潰瘍などがあり、
    これまではどれもが治療が難しいとされ、「仕方がない…」とあきらめる方も多くいらっしゃいました。
    でも、専門医を中心とした医療チームによって適切な処置を施せば、決して治療不可能ではなくなったのです。
    当病院の『創傷ケアセンター』が、最新の医療技術とチームワークで治療に当らせていただきます。
    足の治療の先進国アメリカの「ミレニア・ウンド・マネジメント社」との提携により最新の医療を実現しました。
    アメリカの医療コンサルティング会社であるミレニア・ウンド・マネジメント社は創傷治療の専門的なプログラムを確立しており、
    アメリカで大きな実績をあげています。当センターの医師や看護師はミレニア社の専門的なトレーニングを受け、
    その確立されたプログラムに基づいて治療を行います。

    ブルートウ症候群(アテローム塞栓症)
    突然足の指が紫色になって心配になったことはありませんか?
    もしかするとブルートウ症候群の可能性があるかもしれません。
    きのう指に重いものを落としてしまった、新しい靴を履いて指が痛かった、マラソンで足を酷使した、など明らかに足に外傷があったなら、ブルートウ症候群ではない可能性が高いでしょう。
    しかし、こういった原因がないのに、突然足の指が冷たくなった、痛くなった、紫色になってきたという場合はブルートウ症候群の可能性があるかもしれません。これはアテローム塞栓症ともいい、足の非常に小さな血管が、上半身からの血管を通しておりてきた動脈硬化性プラークで詰まってしまう症状です。
    足の指が突然冷たくなって、紫色になったとしても、すべてがブルートウ症候群とはいえません。他の病気としては脈管炎、糖尿病による足の指の傷なども考えられます。
    治療法は微小血管が詰まる原因となった動脈硬化性プラークがどこから来たのかを突きとめることから始まります。
    足の指が紫色になっただけだから、ちょっと様子を見よう、ということで、足をマッサージしたり、ぬるま湯につけて暖めたりしてごまかしてしまうのは大変危険です。どの科にかかっていいのかわからない場合はまずかかりつけのお医者さんに相談してみましょう。または創傷ケアセンターにまずは連絡をしてアドバイスを得るという方法もあります。
    参照:Marx: Rosen's Emergency Medicine, 7th ed.
    ブルートウ症候群


    陥入爪(かんにゅうそう)の注意点
    巻き爪ができて、足の指が化膿したことは
    ありませんか?
    足の指の巻き爪の唯一の完全な治療は食い込んでいる爪を取り出すことです。
    軟膏をぬったり足浴をしてもその場しのぎにしかすぎません。
    足の指への血流が悪い人が化膿したまま指を放っておくと皮膚が潰瘍化し、大変治りにくくなります。
    巻き爪が原因の皮膚創傷が血流が悪いために壊疽(えそ)になってしまうことさえあります。
    巻き爪ができて化膿しているなら皮膚科の先生に診てもらいましょう。
    もしそれでも治らないようでしたら
    創傷ケアセンターに相談してもよいでしょう。

    末梢血管障害とは?
    末梢血管障害とは下肢の血管にプラークと呼ばれるこぶができ、血管が詰まってしまったり、血管が細くなってしまうことです。プラークがたまってくると血管が硬く、狭くなります。これはアテローム性動脈硬化症と呼ばれています。この結果、下肢への血流が減ります。
    血管障害は下肢に起こることが多いですが、ほかの場所でも起こります。 大動脈へ繋がる血管、脳に繋がる血管、腕に繋がる血管、腎臓に繋がる血管、腹部に繋がる血管などです。心臓の血管が硬くなり、細くなった場合は冠動脈疾患と呼ばれています。
    末梢血管障害がある人は、心臓発作や脳梗塞で死亡する可能性が2~6倍高くなります。
    アメリカでは末梢血管障害と糖尿病が下肢の切断の主な原因です。
    末梢血管障害は生活習慣を変えたり、薬を飲んだり、必要によっては手術によって治療することができます。末梢血管障害がある人は心臓発作や脳梗塞のリスクが高いので、循環器系の病気のリスク管理が必要です。


    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る