糖尿病 足 予防
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

    独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院
    〒981-8501
    宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1
    電話 022-275-3111

    JCHO仙台病院は、病床数418床の中規模の病院ですが、仙台市北部の基幹病院として地域の人々に満足してもらえる
    「良質で安全なそして思いやりのある」最新の医療を提供できるよう努めてきました。
    当院は2014年4月に仙台社会保険病院から、独立行政法人 地域医療機能推進機構の一員としてJCHO仙台病院と院名を改めました。
    日本の人口透析開始時期から、腎臓疾患の専門病院として、”慢性腎不全にいたらぬよう初期治療(糸球体腎炎の根治治療)を行うと共に、
    血液透析、腎移植までの一貫した医療”を行っています。
    当院では、以前より血管外科の治療の一環として、足壊疽の治療を行っていましたがなかなか治癒に至らず、
    1人でも多くの足を救いたいという強い思いから、創傷ケアセンターを2007年9月に開設いたしました。
    創傷とは傷のことですが、数ヶ月以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
    慢性創傷には、床ずれによるもの、糖尿病による潰瘍、血流障害による潰瘍などがあり、
    これまではどれもが治療が難しいとされ、「仕方がない…」とあきらめる方も多くいらっしゃいました。
    でも、専門医を中心とした医療チームによって適切な処置を施せば、決して治療不可能ではなくなったのです。
    当病院の『創傷ケアセンター』が、最新の医療技術とチームワークで治療に当らせていただきます。
    足の治療の先進国アメリカの「ミレニア・ウンド・マネジメント社」との提携により最新の医療を実現しました。
    アメリカの医療コンサルティング会社であるミレニア・ウンド・マネジメント社は創傷治療の専門的なプログラムを確立しており、
    アメリカで大きな実績をあげています。当センターの医師や看護師はミレニア社の専門的なトレーニングを受け、
    その確立されたプログラムに基づいて治療を行います。

    慢性の治りにくい傷になってしまうこともあるからです。
    糖尿病の方の足のお手入れ
    関心を持つべき理由
    潰瘍、感染、壊疽は糖尿病患者が直面するごく普通の障害です。その為、毎年数千人もの糖尿病患者が
    足の切断を余儀なくされています。
    糖尿病患者における足の問題には大きな2つの原因があります。
    1.神経障害
    ケガをしないように足をいつも守っている知覚が無くなります。その上、神経が傷つくと、足趾が変形
    したり、土踏まずが無くなったり、皮膚が乾燥したりします。これらの障害は、足に潰瘍や感染を起こ
    すかもしれません。そうなれば急速に進行して壊疽(組織の壊死)や切断になるかもしれません。しか
    し足を良く手入れすれば、潰瘍や感染を防止できます。
    2.血行不全(阻血)
    これは治療が困難です。血の巡りが悪ければ、壊疽や切断を免れません。しかし足を良く手入れすれば、
    足の切断の時期を遅らせられます。
    あなたの足を守るために、次のことを実行しましょう。
    1.毎日足を観察しましょう。
    ■ 目と手を使い観察し、家族にも助けてもらいましょう。
    ■ 足趾の間もチェックしましょう。
    ■ 鏡を使って足の裏も見ましょう。
    ■ 以下のような危険なしるしを探しましょう。
    ・ 腫れ (特に新しいもの、次第に大きくなるもの、足全体に及ぶもの)
    ・ 皮膚が赤い (圧迫によるただれや感染の可能性)
    ・ 水ぶくれ (擦過や圧迫によるただれのしるし)
    ・ 切り傷、擦り傷、出血 (感染の可能性)
    ・ 爪の障害 (皮膚に当たり、潰瘍を作り、感染を起こす)

     

    足に傷がある時は、血流がいい場合、デブリードメントが治癒の助けになることが良くあります。
    しかし、デブリードメントが必要か、必要でないかは、医師の慎重な診断がまず必要です。
    デブリードメントの必要性
    www.footcarenow.org # 00000-0001
    2009-10-01
    もしあなたが糖尿病若しくは循環器の疾患をお持ちなら、下肢や足に潰瘍と呼ばれる創傷ができる可能性があり、この傷を治すのには長い時間がかかります。ですから下肢や足にどんなに小さくとも傷や赤い斑点を見つけた時はすぐに医師の診察を受けることが大切です。その内消えるだろうとほおって置くと手遅れになる可能があります。
    このような創傷の適切な治癒には特別な手当てが必要となり、そのひとつにデブリードメントがあります。
    デブリードメントとは?
    デブリードメントは創傷の外科的掃除です。
    通常始めに創傷がある部
    分に外用の麻酔薬をガー
    ゼや綿棒を使用してつけ
    ます。
    そして殺菌したメスなど
    で壊死組織や不良組織を丁寧に取り除くのです。
    何故デブリードメントが必要なの?
    デブリードメントは創傷を治癒させる過程において非常に大切な治療のひとつです。医師はデブリードメントで壊死・不良組織を掃除しながら創傷内の状態を確認できますし、壊死組織とそこに存在するばい菌を除去することによって、感染も予防できるのです。
    又、デブリードメントで創傷を刺激することが治癒に役立つ大切な組織の生成を助けます。
    デブリードメントは痛い?
    もしあなたが糖尿病をお持ちの場合、神経障害により、足の感覚が無いかもしれません。その場合は通常デブリードメント中の痛みは無いか、あっても少しのものです。それ以外の方にデブリードメントのひん度は?
    担当医がデブリードメントのひん度を決めますが、創傷が治癒し始めるまで週に1度の実施が必要なこともあります。
    デブリードメント後の傷はどんな様子?
    デブリードメントの後は施術前より傷が大きくなったように見えます。が、これはあくまで表面上の「氷山の一角」であり、創傷の全体像は表面で見えるものよりもっと大きなものなのです。そして創傷の中の壊死・不良組織を全て除去するという作業は必要不可欠です。
    デブリードメント後に傷が大きく見えても、これは普通の事ですので心配しないで下さい。この大きく見える傷がもともとのサイズだったのです。それまでは壊死・不良組織に覆われていて見えなかっただけなのです。
    デブリードメントはあなたの創傷を治癒させる為の非常に大切な治療です。
    デブリードメントについて他に質問などがございましたら、どんなことでも結構ですので、担当医にご相談ください。

     

    高気圧酸素療法(HBO)の適応
    高気圧酸素療法(HBO)の適応には様々なものがあります。
    その一つに糖尿病による創傷がありますが、高気圧酸素療法を始める前にこの治療が本当に適応であるかどうか、厳密に評価することは大変重要です。
    HBO療法の適応
     空気塞栓
     CO中毒
     ガス壊疽  圧挫損傷  コンパートメント症候群  急性外傷性虚血
     減圧症
     網膜動脈閉塞症
     問題のある創傷の治癒促進
     重症貧血
     頭蓋内膿瘍
     壊疽性軟部組織感染
     骨髄炎
     遅発性放射線障害
     グラフト、フラップ不全
     急性熱傷
    (http://www.uhms.orgによる)
    糖尿病性足創傷治療に高気圧酸素療法を用いたケースレポートの抜粋をご紹介します。
    糖尿病性足創傷の高気圧酸素療法-賢明な選択か: ケースレポート HBO療法を行った糖尿病性足創傷とHBO療法を行わなかった糖尿病性足創傷の切断に関しての比較臨床試験によるとコントロールグループの切断率は33%-40%であるがHBO療法を行ったグループは8.6%-12%であるという結果がある。2006年10月に高気圧医療ヨーロッパコミティとヨーロッパ組織修復協会はHBO療法は糖尿病性創傷による大切断を減少させるのに効果のある治療であると結論づけた。 問題のある創傷の治療において重要な点は1)原因 2)治癒遅延理由 3)細胞酸素濃度 である。HBO療法は第3の問題を改善させ、治癒環境を最適にすることができるが、HBO療法は医療制度に多大な経済的負担をかけるばかりでなく、創傷治癒のための初期の創傷管理を遅らせる原因にもなりうる。HBO療法の間違った用法・過剰使用の頻度は文献には発表されていないが、HBO療法を使った創傷治療に関する懸念は新しいものではない。 次に、シャルコーフット治療のケースレポートでHBO療法の適応外の例を紹介する。創傷管理には総合的なアプローチが必要であることを示している。


    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る