糖尿病 足 予防
2015年12月7日更新
床ずれ,壊死,潰瘍

治らない,病院,糖尿病


潰瘍

潰瘍に関する情報はこちら

詳しくはこちら

糖尿病

糖尿病に関する情報はこちら

詳しくはこちら

壊死・足の疾患

壊死・足の疾患に関してはこちら

詳しくはこちら

    独立行政法人地域医療機能推進機構 仙台病院
    〒981-8501
    宮城県仙台市青葉区堤町3-16-1
    電話 022-275-3111

    JCHO仙台病院は、病床数418床の中規模の病院ですが、仙台市北部の基幹病院として地域の人々に満足してもらえる
    「良質で安全なそして思いやりのある」最新の医療を提供できるよう努めてきました。
    当院は2014年4月に仙台社会保険病院から、独立行政法人 地域医療機能推進機構の一員としてJCHO仙台病院と院名を改めました。
    日本の人口透析開始時期から、腎臓疾患の専門病院として、”慢性腎不全にいたらぬよう初期治療(糸球体腎炎の根治治療)を行うと共に、
    血液透析、腎移植までの一貫した医療”を行っています。
    当院では、以前より血管外科の治療の一環として、足壊疽の治療を行っていましたがなかなか治癒に至らず、
    1人でも多くの足を救いたいという強い思いから、創傷ケアセンターを2007年9月に開設いたしました。
    創傷とは傷のことですが、数ヶ月以上も治らない創傷を「慢性創傷」と呼んでいます。
    慢性創傷には、床ずれによるもの、糖尿病による潰瘍、血流障害による潰瘍などがあり、
    これまではどれもが治療が難しいとされ、「仕方がない…」とあきらめる方も多くいらっしゃいました。
    でも、専門医を中心とした医療チームによって適切な処置を施せば、決して治療不可能ではなくなったのです。
    当病院の『創傷ケアセンター』が、最新の医療技術とチームワークで治療に当らせていただきます。
    足の治療の先進国アメリカの「ミレニア・ウンド・マネジメント社」との提携により最新の医療を実現しました。
    アメリカの医療コンサルティング会社であるミレニア・ウンド・マネジメント社は創傷治療の専門的なプログラムを確立しており、
    アメリカで大きな実績をあげています。当センターの医師や看護師はミレニア社の専門的なトレーニングを受け、
    その確立されたプログラムに基づいて治療を行います。

     

    足背・足首・足底動脈バイパス:文献紹介
    下肢に虚血のある糖尿病患者を救うために、足背・足首・足底動脈へのバイパスが行われています。
    今回はその文献をいくつか紹介します。
    足背、足首、足底動脈バイパス
    Aulivola B, Pomposelli FB
    Division of Vascular Surgery, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02215,
    USA.
    下肢に虚血のある糖尿病患者を救うために足背・足首・足底動脈へのバイパスが行われている。
    このレビューの目的はこのような末梢血行再建術に関する指示、技術、結果をまとめたものである。
    レビューしたのは足背(n=1032)、足首(n=21)、足底(n=77)である。
    足背・足首・足底へのバイパスは、より近位のバイパスターゲットの選択がない虚血下肢の救済に重要である。
    術前死亡率が許容範囲(1%以下)なら踝下のバイパスが可能である。
    これら末梢バイパスが下肢切断の代替手段となりうる事を、下肢救済率及び開存率が証明している。
    患者選択、詳細あ術前準備と綿密な手術の技術はこれら動脈血行再建を成功させるための重要な役割を果たす。
    足背バイパスにおける10年の経験:1000件以上の成果分析
    Pomposelli FB, Kansal N, Hamdan AD, Belfield A, Sheahan M, Campbell DR, Skillman JJ, Logerfo FW.
    Division of Vascular Surgery, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA 02215,
    USA.
    目的:
    本スタディの目的は、糖尿病患者における虚血の下肢救済のための足背バイパスにおける我々の過去10年にわたる経験をレビューするものである。
    手順:
    当スタディは電子化した血管系の記録とカルテを遡及分析した。
    1990年1月1日より2000年1月11日までに865名の患者に1032件の足背バイパスが行われた。(その期間中3731件の下肢動脈バイパスの27.6%を実施。)
    597名(69%)の患者は男性で平均年齢は66.8歳、そのうち92%は糖尿病患者で、全ての手術は下肢救済目的であった。
    使用されたグラフトは順行性伏在静脈が317件(30.7%)、in situが273件(26.4%)、逆行性静脈が235件(22.8%)、腕部静脈が170件(16.5%)、その他静脈が35件(3.4%)、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)が2件(0.2%)であった。
    流入先動脈は総大腿動脈が294件(28.5%)、膝窩動脈が550件(53.2%)、浅大腿動脈が114件(11%)、その他が74件(7.2%)であった。
    結果:
    術後1ヶ月以内の死亡率は0.9%で同じ期間に42件(4.2%)のグラフトが失敗したが後に13件は再建に成功した。
    1~120ヶ月(平均23.6ヶ月)間のフォローアップにおいて手術5年後の1次開存率、2次開存率、下肢救済率、患者生存率は56.8%、62.7%、78.2%、48.6%、10年後においてはそれぞれ37.7%、41.7%、57.7%、23.8%であった。
    PTFEの2件は両方とも1年以内に失敗。1次開存率は女性患者における成功率がより低かった(5年後での成功率は女性46.5%、男性61.6%:P<.009)が、糖尿病患者では成功率が高かった(糖尿病患者65.9%、非糖尿病患者56.3%)。
    浅大腿動脈は5年後の2次開存率が67.6%に対し他が46.3%(P<.001)と優れていた。
    多変量解析を見ると、入院日数10日以上及び以前グラフト閉塞した患者の1年後の開存率はより低いと推測でき、伏在静脈のグラフト使用の開存率はより高いと推測できた。


    低温やけどとは?
    低温やけどは60度前後で約1分、50度前後で約3分、45度前後でも約6時間、熱源が同じ部位に接触していると起こるといわれています。低温やけどの場合、低い温度でゆっくりとやけどが進むため、やけどが起こっていることに気づかず、症状が重くなってしまいます。熱傷進度がII度、III度*という重症にいたることもしばしば見られます。
    *熱傷進度II度: 熱傷が表皮と真皮に及び、発赤、腫れ、水疱がみられる。汗腺、毛嚢(もうのう)に影響が及んでいる時もある。 熱傷進度III度: 熱傷が表皮、真皮、皮下組織に及び、皮膚が白色になる。皮膚の表面が壊死していることもある。 低温やけどの原因となる熱源例としては  使い捨てカイロ  湯たんぽ  あんか  電気こたつ  ホットカーペット  ラップトップノートパソコン などが挙げられます。 一度皮膚が破れてしまったら、創傷として治療を行います。傷が深い場合もありますので、医師に必ず診てもらうのがいいでしょう。創傷ケアセンターでは熱傷の治療もしています。お近くの創傷ケアセンターで診てもらうこともいいでしょう。
    参照: 実地医家における創傷治療のポイント 低温熱傷と褥瘡の管理を中心に MEDICAMENT NEWS 第2046号(13)
    http://www.imc.or.jp/column/mame0601.html

    低温やけどの1例

    うっ帯性皮膚炎
    足首あたりの皮膚が少し茶色くなって、足がいつもむくんでいるけれども、どうしたら
    いいかわからないことはありませんか?
    こんな症状がずっと続くようなら、うっ帯性皮膚炎かもしれません。
    原因:
    うっ帯性潰瘍は慢性の皮膚炎で、静脈の高血圧が続き、慢性静脈不全が起きている人に
    みられます。また、手術をした下肢の静脈が上手く働いていない人にも起こります。
    うっ帯性皮膚炎は慢性静脈不全の最初に起こる症状で、静脈性皮膚潰瘍(=静脈うっ帯
    性潰瘍=うっ帯性潰瘍)などの前段階の症状といえます。
    症状:
    足にむくみが見られ、皮膚は光沢をおび、茶色の色素沈着がみられます。
    ひどい炎症がある場合は黄色くて透明な液が部分的に足からしみ出てきているかもしれ
    ません。
    治療法:
    弾性ストッキングをはくというのがひとつです。
    弾性ストッキングは圧が30mmHg-40 mmHg(ミリハーゲ)が医療的効果があるとい
    われています。薬局などで売られている弾性ストッキングは圧が少し弱くhPa(ヘクト
    パスカル)で圧が示されていることが多いです(1.33hPa=1mmHg)。

    うっ帯性皮膚炎の足
    典型的な「シャンパンボトル」型
    静脈性皮膚潰瘍
    うっ帯性皮膚炎が悪化すると
    皮膚潰瘍になる可能性がある


    【潰瘍,足,傷】【動脈硬化】【足,静脈】【糖尿病,腐る】
    【床ずれ】【壊死】【足,傷】【潰瘍,足】

    横浜総合病院日本赤十字社医療センター・ 洛和会ヘルスケアシステム・ 庄内余目病院・ 八尾徳洲会総合病院・ 図南病院・ 鹿児島徳州会病院・ 熊本機能病院・ 仙台病院・ 大垣市民病院・ 大分岡病院・ 土谷総合病院・ 岩切病院・ 鶴巻温泉病院・ 原土井病院・ 北海道循環器病院・ 心臓病センター榊原病院・ 東葛クリニック病院

ページのトップへ戻る